地域ニュース

築117年古民家アート発信地に 画家の船田さん改修、表装工房の見学も

2021/11/9 23:18
古民家の母屋の土間を使ったギャラリー。船田さん(右)が3年かけて改修した

古民家の母屋の土間を使ったギャラリー。船田さん(右)が3年かけて改修した

 日本画などの制作に取り組む画家の船田奇岑(きしん)さん(62)=広島市中区=が、山あいの同市安芸区阿戸町にある築117年の古民家を3年かけて改修し、ギャラリーとカフェを開いた。文化・芸術の発信拠点を目指す。
(ここまで 104文字/記事全文 712文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 3年かけて古民家を改修してオープンしたギャラリーとカフェ
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧