地域ニュース

原爆文学落選、関係者は落胆 世界記憶遺産

2021/11/10 22:48

 市民団体「広島文学資料保全の会」(土屋時子代表)と広島市が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録を目指し、共同申請していた原爆文学関連資料は10日、国内推薦の選定から漏れた。関係者の間に落胆が広がった。
(ここまで 117文字/記事全文 522文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧