地域ニュース

県立広島商高生、花のサブスク 業界活性化目指し生花店とタッグ

2021/11/12 20:58
手作りのチラシやパネルを手に、販売システムを考えた経緯を振り返る北川さん(左)たち

手作りのチラシやパネルを手に、販売システムを考えた経緯を振り返る北川さん(左)たち

 新型コロナウイルス禍の影響を受ける花業界の活性化を目指そうと、県立広島商業高(広島市中区)の商業研究部が花を定額で定期販売するサブスクリプションサービス(サブスク)を生花店と共同で始め、販路を広げつつある。売り上げの一部で、地域の病院などにも花を贈る。「花のある生活を楽しむ人を増やしたい」と需要喚起を目指す。

【関連記事】広島の高校生、全国に挑む 市立工業高の大屋さん/市立商業高の3人
(ここまで 194文字/記事全文 752文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧