• トップ >
  • >
  • 中国地方の「住み続けたい街」トップは岡山・総社市、2位は広島・府中町

トピックス

中国地方の「住み続けたい街」トップは岡山・総社市、2位は広島・府中町

2021/11/15 11:01

中国地方の「住み続けたい街」ランキングで2位となった広島県府中町

 賃貸住宅大手の大東建託(東京)は、2021年の中国地方の「住み続けたい街」ランキングを発表した。各市区町村の住民に「自分の街に住み続けたい」度合いを5段階で尋ねランキング化した。トップ10には、広島県内の3自治体、岡山県内の3自治体、山口県の2自治体、島根、鳥取両県の各1自治体がランクインした。

【おすすめ記事】都道府県別魅力度、広島県19位 島根県37位、山口県は42位 21年民間調べ
【おすすめ記事】魅力度ランキング、中国地方で上位の街は?

 調査は2020〜21年、インターネット上で実施。2年間で累計2万25人にアンケートして算出した。回答した住民が50人以上の市区町村をランキングの対象にした。

 1位となったのは岡山県総社市。2位に広島県府中町、3位岡山県浅口市、4位広島県海田町、5位鳥取県米子市と続いた。ベスト5のうち4市町が、広島市や岡山市、倉敷市といった都市に隣接しベッドタウンとしての機能を持つ街だった。

 分析した大東建託賃貸未来研究所の宗健所長によると、「住み続けたい」という評価が上がる傾向にあるのは、住民が誇りや愛着といった感情を強く抱いている街という。「ベッドタウンでは新たに家を買って移り住んだ人が多く、街への愛着も沸きやすい」とみる。

 6〜20位の市区町は以下の通り。
(ここまで 540文字/記事全文 685文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事