地域ニュース

三次女子野球、硬式西日本大会盛り上げに一役 選手向け栄養講座/地元チームが球拾い

2021/11/16 13:58
講師が監修した弁当を食べながら、スポーツ栄養学セミナーを受講する佐伯高の女子野球部員たち(13日、三次市三次町の妖怪博物館)

講師が監修した弁当を食べながら、スポーツ栄養学セミナーを受講する佐伯高の女子野球部員たち(13日、三次市三次町の妖怪博物館)

 全日本女子野球連盟の「女子野球タウン」に認定された三次市で13、14の両日にあった女子硬式野球西日本大会は、地元関係者が大会の盛り上げに一役買った。14府県から27チーム約600人が集まった同市初の大規模大会を機に、地域を挙げて女子野球を支える機運が高まっている。
(ここまで 133文字/記事全文 748文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • スタンドでファウルボールを拾う「ブレイブガールズ広島」のメンバー(14日、三次市東酒屋町のみよし運動公園野球場)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧