地域ニュース

スーパーボランティア尾畠さん、西日本豪雨被災地の子どもと交流 呉市天応地区

2021/11/17 17:40
児童の質問に応える尾畠さん(奥)

児童の質問に応える尾畠さん(奥)

 2018年夏の西日本豪雨で大きな被害を受けた呉市天応地区の天応小中の児童生徒が17日、「スーパーボランティア」の呼び名で知られ、豪雨後に同地区でも支援活動した尾畠春夫さん(82)=大分県=と校内で交流した。

【関連記事】本紙記者が尾畠さんと一緒にボランティア

 豪雨後、天応中は天応小の敷地に仮移転している。総合的な学習で防災について学ぶ小学6年生の代表4人が「ボランティアで大切なことは何ですか」などと質問。尾畠さんは「実際に現地を見た上で、無理はせず何ができるか考えることが重要」などと説いた。尾畠さんは教室を回り、全国での支援活動や健康維持のこつなどについて児童生徒と質疑応答した。
(ここまで 289文字/記事全文 605文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧