地域ニュース

下水処理で発生、ガスを発電燃料に 周南市、売却契約年400万円見込む

2021/11/17 21:07
周南市に導入されるガスエンジン発電機

周南市に導入されるガスエンジン発電機

 周南市は、徳山東部と新南陽の両浄化センターで下水処理の過程で発生するガスを燃料として発電用に売却する契約を結んだ。これまで処分してきたガスを使って、来年4月から家庭300世帯分に相当する発電量を見込む。
(ここまで 102文字/記事全文 502文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧