地域ニュース

耕作放棄地再生、ミツバチの里に 広島市安佐北区で平井さん、来春の出荷目指す

2021/11/17 21:07
小河内の耕作放棄地を再生し、養蜂業に取り組む平井さん

小河内の耕作放棄地を再生し、養蜂業に取り組む平井さん

 広島市安佐北区安佐町小河内の耕作放棄地を活用し、中区の平井哲宏さん(65)が養蜂業に挑んでいる。会社役員時代に養蜂家と出会ったのがきっかけで、退職後に一念発起。ミツバチがスズメバチに襲われて激減するなど苦難続きだが、過疎化が進む里山の新たな糧にしようと、来春の蜂蜜出荷を目指して模索を続けている。

伝統の養蜂 自然と共に【旅するミツバチ】<1>

冬越し控え天敵襲来【旅するミツバチ】<2>
(ここまで 192文字/記事全文 934文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧