地域ニュース

庄原・吾妻山ロッジ、事業認可申請 継承意向業者、広島県に

2021/11/17 22:59
昨年11月に閉館した吾妻山ロッジ。吾妻山や周辺には今も登山や散策を楽しむ人たちが訪れる(庄原市比和町)

昨年11月に閉館した吾妻山ロッジ。吾妻山や周辺には今も登山や散策を楽しむ人たちが訪れる(庄原市比和町)

 昨年11月に閉館した休暇村吾妻山ロッジ(庄原市比和町)の施設運営を継承する意向を持つ業者が、広島県に事業認可を申請したことが分かった。県は慎重に審査を進め、本年度内を目標に可否を判断する方針。建物を所有する休暇村協会(東京)は、業者が県の認可を受ければ施設を無償譲渡する方針としている。

吾妻山ロッジ40年、最後の営業終える コロナ響き惜別「多くの人に愛された」

吾妻山のメェ太、帝釈峡へ「移籍」 ロッジ閉館で庄原休暇村のヤギ

 ロッジは1980年開業。吾妻山(1239メートル)山頂に近い国定公園内の県有地にあり、鉄筋2階建て。17室、大浴場、レストラン、売店を備える宿泊と休憩の場として40年間親しまれた。新型コロナウイルス禍による宿泊客の減少が響き、昨年11月15日に営業を終了した。
(ここまで 341文字/記事全文 1027文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧