地域ニュース

サカスタ経済効果、開業後20年で6760億円 広島市試算、県税収78億円で費用負担上回る

2021/11/18 23:12
広島市が基本設計をまとめたサッカースタジアムのピッチとスタンドのイメージ図(市提供)

広島市が基本設計をまとめたサッカースタジアムのピッチとスタンドのイメージ図(市提供)

 広島市が、中央公園広場(中区)に建設するサッカースタジアムの広島県内での経済波及効果を約6760億円と試算していることが18日、分かった。建設に関わる投資と開業後20年間の運営による効果を合計した金額という。県内全域への効果を見極めたいとする県の求めに応じてまとめた。県は建設費の負担割合などの判断材料の一つとする。

臨場感売り、最前列とピッチの距離8メートル 広島市の新サカスタ基本設計

サカスタ広場、スポーツやアウトドアで「にぎわう公園」に 広島市が事業者決定、24年夏開業
(ここまで 236文字/記事全文 839文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧