地域ニュース

JR西広島駅の橋上駅舎・自由通路ほぼ完成 12月19日に利用開始

2021/11/19 19:46
JR西広島駅の新たな橋上駅舎。自由通路で駅の南北を24時間、行き来できるようになる

JR西広島駅の新たな橋上駅舎。自由通路で駅の南北を24時間、行き来できるようになる

 JR西広島駅(広島市西区)の橋上駅舎と自由通路がほぼ完成し、12月19日から利用が始まる。駅の南北を改札を通らずに24時間、往来できるようになる。エレベーターやエスカレーターを新設し、バリアフリー化も進めた。広島都市圏の「西の玄関口」が生まれ変わる。

 【広島再開発マップ】はこちら

 市が整備した橋上駅舎と自由通路(幅8メートル、延長110メートル)は計約2700平方メートル。エスカレーター5基とエレベーター4基、階段でホームと駅の南北の出入り口につながる。さらにエスカレーター3基を2023年3月末までに設ける。

 駅舎の天井や壁には木材を使い、ぬくもりを感じられるようにした。旧駅にあったコンビニと弁当店「むさし」も開業する。

 ▽作業効率化で利用開始早める
(ここまで 324文字/記事全文 610文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 木材をふんだんに使った新たなJR西広島駅の内部(JR西日本広島支社提供)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧