地域ニュース

山口県光市で不発弾撤去作業、住民270人と42事務所の従業員ら一時避難【動画】

2021/11/21 16:30
信管を取り除いた不発弾(光市提供)

信管を取り除いた不発弾(光市提供)

 9月に不発弾が見つかった、光市の日鉄ステンレス山口製造所の工事現場で21日、撤去作業があった。

 午前9時から、陸上自衛隊中部方面後方支援隊(京都市)が作業を開始。弾薬を破裂させる、弾頭と弾底にある2カ所の信管を取り除いた。信管回りにさびなどの固着物があったが、作業は順調に進み約3時間で終了した。

 現場から半径約300メートル以内は警戒区域となり、住民約270人と42事業所の従業員たちは市が設けた避難所などに一時避難した。国道188号の約1・3キロ区間も通行止めになり、周辺が渋滞した。

 不発弾は米国製の250キロ。現場周辺は戦前に旧海軍の光海軍工廠(こうしょう)が置かれ、1945年8月14日には米軍の空襲があった。同製造所が崩れた斜面の修復中に見つけた。市川熙市長は「各所の協力で安全に取り除くことができた」と話した。(山本真帆)

【関連記事】不発弾を処理隊が調査 光で陸自、爆発の危険性なし


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧