地域ニュース

比治山に眠る仏兵士知って 北清事変で負傷の7人、日本語の説明板設置

2021/11/21 21:04
日本語の説明板を囲み兵士を悼む原野副会長(左端)とイルマン総領事(右端)

日本語の説明板を囲み兵士を悼む原野副会長(左端)とイルマン総領事(右端)

 広島市南区の比治山陸軍墓地にあるフランス人兵士の埋葬地に、日本語の説明板が設置された。中国・清朝末期の「北清事変」で負傷した7人の兵士が、祖国から遠く離れた広島で眠る史実を市民に知ってもらおうと、広島日仏協会(中区)などが設けた。

被爆樹木の種・苗を世界各地へ送付、「命」の粒まいて10年 広島市の市民団体「グリーン・レガシー・ヒロシマ」
(ここまで 167文字/記事全文 639文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧