地域ニュース

自転車リーグVで「存在感高めた」 ヴィクトワール広島の阿曽選手

2021/11/22 21:06
阿曽選手(中央)の優勝を喜ぶ中山監督(左端)たち

阿曽選手(中央)の優勝を喜ぶ中山監督(左端)たち

 栃木県であった国内最高峰の自転車ロードレース「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」第9戦で、広島市に拠点を置くプロチーム「ヴィクトワール広島」の阿曽圭佑選手(29)が、初優勝した。チーム成績も9チーム中4位で今季を終えた。「広島の存在感を高めることができた」と選手たちは胸を張る。

広島市に中国地方初のビアンキ専門店 イタリアの老舗自転車ブランド

 栃木県大田原市で6日にあった大会には、52人が出場。田園風景が広がる1周7・74キロのコースを15周して競った。ヴィクトワールは、エースの阿曽選手たち6人で挑んだ。

▽「結果が欲しかった」
(ここまで 266文字/記事全文 796文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧