地域ニュース

三次市、最終処分場の新設案 29年度利用開始目標

2021/11/23 13:55

 三次市は22日、下荒瀬最終処分場(粟屋町)の北西にある山林に、新たな一般廃棄物最終処分場を整備する方針を明らかにした。1993年に稼働した現処分場の埋め立てが終わる2029年度の利用開始を目指している。

【関連】産廃処分場、リサイクル普及で誤算 約束した埋め立て進まず

【関連】「家の近くに盛り土が…」熱海土石流で不安の声 安全性は?

 ▽現処分場が満杯になる見通しは…
(ここまで 183文字/記事全文 563文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧