地域ニュース

世界遺産の島で生カキ食べ比べ、宮島 「牡蠣の日」に合わせ魅力アピール

2021/11/23 19:55
食べ比べ用に殻付きカキをむくスタッフ

食べ比べ用に殻付きカキをむくスタッフ

 広島県産の生カキを食べ比べるイベントが23日、世界遺産の島・宮島(廿日市市)の飲食店であった。県観光連盟のプロジェクト「牡蠣(かき)食う研」の一環。同日の「牡蠣の日」に合わせ、観光客たちに魅力をアピールした。

【おすすめ記事】謎だった幼生カキの餌判明 廿日市の研究機関、プランクトン2種で新種の可能性
(ここまで 148文字/記事全文 455文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧