地域ニュース

自宅丸ごと「光」の世界 府中市の大学生・荒木さん、電球2万個で工夫凝らす

2021/11/24 21:01
訪れた人にイルミネーションの説明をする荒木さん(左端)

訪れた人にイルミネーションの説明をする荒木さん(左端)

 福山大工学部2年の荒木彰英さん(20)が今月、府中市元町の自宅を電飾したイルミネーションを始めた。中学生だった2015年から冬の時季に続けており、ことしで5回目。光の世界で近隣住民や通行人を楽しませている。
(ここまで 104文字/記事全文 513文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧