地域ニュース

「見える化」、議員に賛否 安芸高田市広報紙に議会関連事案次々、「関心誘う」「内容一方的」

2021/11/25 21:23
安芸高田市の広報紙に載る「市政の動き」。石丸市長が議会関連の発信を強めている

安芸高田市の広報紙に載る「市政の動き」。石丸市長が議会関連の発信を強めている

 安芸高田市の石丸伸二市長が市内に全戸配布する市広報紙で「市政の動き」と題し、市議会に絡む情報発信を強めている。公約の一つ「市政の見える化」を目指し、自身の議会への要請行動のほか、市議の言動を問題と判断すれば実名で指摘。11月号では全議員の一般質問の質問時間も一覧表にした。議会側は「市民の関心を誘う」と評価する声の一方、「内容が一方的で、広報紙の私物化だ」と批判も根強い。両者のねじれた関係性が広報紙にも映る。

 石丸市長は10月号から掲載を始めた。「市民が考えるきっかけづくり。今まであまりにも状況が見えず(政治への)関心を失っていったのがこのまち」。石丸市長は記者会見で繰り返す。
(ここまで 292文字/記事全文 1119文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧