• トップ >
  • >
  • 原爆ドーム景観、1月から規制 高さ制限へ広島市計画改定

トピックス

原爆ドーム景観、1月から規制 高さ制限へ広島市計画改定

2021/11/25 22:58

原爆ドーム北側の一定の土地にできる建物は高さ制限を受ける

 広島市は25日、平和記念公園(中区)にある原爆ドームを南側から見た景観を保護するため、新たに建てる建物の高さを制限すると発表した。市の景観計画を改定し、2022年1月4日から規制する。ドームの背景に建物が見えない景観をつくり、平和都市広島を象徴する眺望を次代につなぐ。

 原爆資料館本館の下からドームを見た場合に、左右17度、ドーム北側の奥行き最大5・2キロの保全エリアで建物の高さを規制する。特にドーム真後ろの左右3・1度の範囲は厳格化。資料館本館から500メートル地点の旧市民球場跡地付近で高さ25メートル、1キロ地点の中央公園広場付近で高さ44メートルまでとした。5キロ地点は202メートルを限度とする。
(ここまで 305文字/記事全文 740文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事