• トップ >
  • トピックス >
  • センバツ候補の広陵と広島商、3年生が熱戦 引退試合兼ね半世紀余り続く定期戦 

トピックス

センバツ候補の広陵と広島商、3年生が熱戦 引退試合兼ね半世紀余り続く定期戦 

2021/11/28 14:59

3年生の引退試合を兼ねた広島商―広陵の定期戦

 来春の選抜高校野球大会の出場が有力視されている広陵(広島)と広島商の定期戦が28日、広島市中区の広島商高であった。3年生の引退試合を兼ね、1957年から続く伝統の一戦。甲子園を控える後輩の前で熱い戦いを繰り広げた。

【勝ち上がり表】夏の高校野球広島大会
【高校野球 広島大会データベース】

 広陵57人、広島商42人が参加し、保護者や1、2年生約300人が手拍子で盛り上げた。試合は広陵が一回に打者11人の猛攻で7点を先取して9―4で勝ち、44勝目を挙げた。広島商は17勝。引き分けが2度、中止が2度ある。

【関連記事】
広陵、猛追及ばず 大阪桐蔭が初優勝 明治神宮野球

広陵、個の台頭/広島商、和の充実 秋季中国大会回顧


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧