• トップ >
  • >
  • 医療現場「迅速対応」と評価 経済界は「大打撃」 「オミクロン株」警戒、外国人の新規入国禁止

トピックス

医療現場「迅速対応」と評価 経済界は「大打撃」 「オミクロン株」警戒、外国人の新規入国禁止

2021/11/29 23:05

府中市内の縫製会社で作業する技能実習生(手前)たち。入国禁止で製造業などに今後、影響が出そう

 政府が29日に決定した外国人の新規入国停止。全世界が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に警戒を強める中、中国地方の医療関係者は「迅速な対応」と評し、市民も歓迎の声を上げる。一方、わずか3週間前に打ち出された入国制限緩和を受け、技能実習生や留学生を迎え入れる準備をしていた企業や大学は落胆を隠せない。

【関連記事】外国人の入国30日から禁止に 全世界対象「臨時措置」 コロナ「オミクロン株」拡大受け

▽「最悪の事態想定すべき」

 「変異株の正体は不明だが、各国の状況を見る限り最悪の事態を想定すべきだろう」。広島県医師会の松村誠会長は、政府の水際対策強化に賛同する。「デルタ株は流入を防げず、感染が一気に広まった。今回の迅速な対応は評価できる」

 街角でも歓迎の声が聞こえた。広島市中区の20代看護師女性は「正しい判断。やっと落ち着いた今の状況が続いてほしい」。安佐南区の40代会社員男性も「変異株に効くワクチンができるまでは制限も仕方がない」と受け止める。

▽実習生受け入れ「計画崩れた」
(ここまで 447文字/記事全文 1096文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事