地域ニュース

オニオコゼの稚魚放流 福山大生が因島で人工ふ化、定着率など調査

2021/11/30 23:06
因島沖でオニオコゼの稚魚を放流する大学生

因島沖でオニオコゼの稚魚を放流する大学生

 福山大海洋生物科学科の学生が30日、尾道市因島大浜町の因島キャンパスで人工ふ化させたオニオコゼの稚魚5千匹を同市の海域に放流した。魚体に目印を付け、定着率などを来年から調べる。
(ここまで 89文字/記事全文 447文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 目印として背びれのとげを2本抜き、放流されたオニオコゼ
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧