地域ニュース

広島県280万人割り込む 20年国勢調査、中国5県の人口5回連続減

2021/11/30 23:06

 総務省が30日に公表した2020年国勢調査(10月1日時点)の確定値で、中国地方5県の人口は725万4726人となり、15年の前回調査と比べて2・5%減った。00年から5回連続のマイナスで、減少率は拡大している。広島県は280万人を40年ぶりに割り込み、279万9702人(全国12位)となった。

【関連記事】広島・山口・岡山、衆院小選挙区は各1減に 計15都県で「10増10減」、総務省が試算

 他の4県は、山口が134万2059人(27位)で75年ぶりに140万人を、岡山が188万8432人(20位)で40年ぶりに190万人を、それぞれ下回った。島根は67万1126人(46位)、鳥取は55万3407人(47位)。減少率は山口4・5%、鳥取3・5%、島根3・3%、岡山1・7%、広島1・6%で、各0・1〜1・3ポイント広がった。

▽広島県の23市町でみると…
(ここまで 380文字/記事全文 740文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧