• トップ >
  • >
  • 警戒区域の開発抑制へ 土砂災害対策【突入 湯崎県政4期目】<2>

トピックス

警戒区域の開発抑制へ 土砂災害対策【突入 湯崎県政4期目】<2>

2021/11/30 23:24

8月の大雨で土石流に削られた山肌を見る西谷さん。周囲はさら地になったり、ブルーシートで覆われたりしている(広島市西区)

 ▽安全な平地へ住民誘導

 急傾斜地に、住宅が山林との境界すれすれまで立ち並ぶ。広島市西区田方3丁目の清水ケ丘団地だ。「土砂の力があれほどすさまじいとは…」。町内会長を務める西谷良浩さん(81)の3カ月前の記憶は生々しい。

【突入 湯崎県政4期目】<1>危機教訓、第6波に備え コロナ禍と医療

 8月14日午後7時ごろ。大雨で住民の安否確認に走る中、土石流に遭遇した。石垣の陰で間一髪かわし、木や岩を含んだ濁流が押し寄せる様子をなすすべなく見守った。山際の家屋はえぐられ、団地のメイン道路は200メートルにわたって埋まった。自然の猛威を目の当たりにし、しばらくは寝付けない日が続いたという。

 西原さんによると、団地は65年ほど前に果樹畑を造成してできた。今は35世帯が暮らしている。あの夜、土石流は団地南側の山裾に沿って流れた。土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)と重なるエリアだった。

 平地の少ない広島市をはじめ、広島県内の各地の丘陵地では、高度経済成長期を中心に宅地開発が進められた。2014年8月の広島土砂災害、18年7月の西日本豪雨などでは、そうした地域が被災した。

 ▽「逆線引き」導入
(ここまで 505文字/記事全文 1892文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事