• トップ >
  • >
  • 原爆ドームと厳島神社、世界遺産登録25年

トピックス

原爆ドームと厳島神社、世界遺産登録25年

2021/12/3 22:40

世界遺産登録から25年を迎える原爆ドーム。物言わぬ証人として原爆被害の実態を伝えている

 広島の二つの世界文化遺産、原爆ドーム(広島市中区)と厳島神社(廿日市市宮島町)が7日、登録から25年を迎える。登録を機に、世界平和や自然と調和した歴史の重みを訴える力は強まり、国内外の人を引き寄せてきた。

【関連記事】原爆ドーム「被爆の証人」の歩み新資料 原爆資料館で展示

 ▽被爆の実態伝える証人 核兵器廃絶訴え続け
(ここまで 158文字/記事全文 2062文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 12世紀に平清盛が海上社殿の原型を築いたとされる厳島神社。積み重ねた歴史と背後の豊かな自然が人々を引き寄せる
  • 原爆ドーム前で観光客にガイドをする三登さん=左から2人目(撮影・大川万優)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事