トピックス

父親の遺体、自宅に放置 死体遺棄容疑で男逮捕 庄原署 

2021/12/4 19:34

庄原署

 同居する父親の遺体を自宅に放置したとして、庄原署は4日、庄原市東城町久代、無職男(62)を死体遺棄の疑いで逮捕した。「間違いない。すぐに言えなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、9月26日ごろから12月3日までの間、父親(82)の遺体を自宅に放置して遺棄した疑い。同署は死因や詳しい状況を調べる。

 同署によると、男は父親と2人暮らし。3日、父親の関係者から「連絡が付かない」と署に連絡があり、自宅を訪ねた署員らが1階で遺体を発見したという。

 現場は中国自動車道東城インターチェンジの南約500メートルの集落。


【その他の記事】
中国道で70代男性の車が逆走、庄原

「小学校で転落し障害」 元児童と保護者が福山市を提訴

中国地方のコロナ新規感染者ゼロ 11月22日以来12日ぶり

よみがえる熱球 新井貴浩


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧