地域ニュース

戦艦大和の船影、ピンズに刻む 大型旋盤のクラウドファンディング返礼品

2021/12/5 8:01
ピンズのデザイン

ピンズのデザイン

 呉市は、戦艦大和ゆかりの大型旋盤の設置費などを募ったクラウドファンディング(CF)で、寄付した人に対する二つの返礼品のデザインを決めた。ピンズ(ピンバッジ、寄付額5千円以上)と万年筆セット(同5万円以上)のインクボトルに貼り付けるシール。それぞれ大和の船影をあしらった。

 デザインは全国に公募。ピンズは19点の応募があり、東京都の河崎海斗さん(21)の案を採用した。艦橋周辺のシルエットと、ドイツ製の同旋盤に記された製造番号「15299」を刻む。

 インクボトルのシールは14点の中から、広島市の日高勇樹さん(37)の案を選んだ。「面盤」と呼ばれる旋盤の円い回転部を夕日に見立て、中央に大和を描いている。

 ふるさと納税の制度を使って集めた寄付のため、返礼品は呉市民以外の寄付者に送られる。(上木崇達)

【関連記事】

東シナ海の海底に眠る戦艦大和、潜水調査リポート

大和の主砲造った旋盤が健在 戦後造船業に貢献

大和ゆかりの大型旋盤移送の募金1億円 わずか1日で達成

旋盤クラウドファンディング2億7000万円 展示充実に活用へ 呉市「驚きと感謝」

戦艦大和の遺品引き揚げ 海洋開発会社、火薬缶など18点


この記事の写真

  • インクボトルのシール用デザイン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧