地域ニュース

安佐市民病院移転、跡地に給食センター 広島市方針、認定こども園も

2021/12/6 21:25
跡地に学校給食センターや認定こども園などが整備される方針となった安佐市民病院

跡地に学校給食センターや認定こども園などが整備される方針となった安佐市民病院

 広島市は、来年5月に移転する市立安佐市民病院(安佐北区可部南)の跡地に、老朽化が進んでいる可部地区学校給食センターを拡張、移転させる方針を固めた。近隣の保育園と幼稚園を統合して認定こども園も開設する。地元の住民代表たちと議論してきた医療・福祉系の学校誘致の代案とする。

【関連記事】移転開院へ工事大詰め 広島市立安佐市民病院、12月下旬にも完成

 現在の学校給食センターは現病院の約2・5キロ北西にあり、区内の3中学校に給食を届けるが、築47年で老朽化が進む。移転先の検討とともに配食先を増やしたい市教委は病院の跡地が適地と判断。2025年度までに現在より拡張した新施設を病院跡地に建設し、温かい状態で運べる1時間圏内の14校に配食する計画でいる。住民たちが集うカフェの併設も検討する。

▽医療・福祉系学校の進出意向なく…
(ここまで 357文字/記事全文 834文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧