地域ニュース

アストラム車両の中古部品、売れ行き好調 速度計やスイッチ

2021/12/7 17:37
速度計などアストラムラインの車両部品を販売するオンラインショップの画面

速度計などアストラムラインの車両部品を販売するオンラインショップの画面

 新交通システムのアストラムラインを運行する広島高速交通(広島市安佐南区)は、新型車両の導入に伴って廃車にした旧型車両の部品のオンライン販売を始めた。車両の中古部品は鉄道ファンから人気が高く、売れ行きは好調という。

 オンライン販売は11月30日から始めた。運転台にある速度計(2万2千円)、速度調整のレバー(5万5千円)、車両番号表示板など54種類の計90点を売り出した。最安値は冷暖房などのスイッチセットの3300円。販売開始から1時間で約40点の買い手が決まり、すでに50点以上が売れたという。
(ここまで 237文字/記事全文 537文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧