• トップ >
  • >
  • 少子化、県立高再編の波 学びの変革【突入 湯崎県政4期目】<5>

トピックス

少子化、県立高再編の波 学びの変革【突入 湯崎県政4期目】<5>

2021/12/7 22:32

2024年春の廃校が決まった安芸高で、記念事業について相談する臼井さん(左)たち学校運営協議会のメンバー。右端は枝長芳生校長(広島市東区)

 ▽先進校の果実 どう普及

 学び舎(や)までの約200メートルの坂道沿いに並ぶ数十本の桜は、寒風に耐え、固くつぼみを結んでいた。「この『桜坂』を、生徒はあと何回くらい歩けるのかな」。広島県立安芸高(広島市東区)のPTA会長で、卒業生でもある臼井和美さん(51)=東区=は寂しそうにつぶやいた。
(ここまで 146文字/記事全文 1729文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事