• トップ >
  • トピックス >
  • 【速報】高病原性の「H5N1亜型」と判明、広島県福山市の鳥インフル 3万羽の殺処分完了

トピックス

【速報】高病原性の「H5N1亜型」と判明、広島県福山市の鳥インフル 3万羽の殺処分完了

2021/12/9 10:38

広島県庁

 広島県福山市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザで、県は9日、ウイルスが高病原性の「H5N1亜型」だったと発表した。国の機関による検査で判明した。埼玉、千葉、兵庫、熊本、鹿児島の各県で確認された鳥インフルエンザと同型という。

 併せて、福山市の養鶏場の鶏の殺処分が8日午後8時に終わったと明らかにした。殺処分数は3万569羽だったとしている。


【注目の記事】
カープ森下、3200万円増の7500万円で更改

中学生以下への5万円給付、広島全23市町が月内開始へ 16〜18歳は1月以降が大半

広島に原爆が投下された1945年8月6日の写真か

マスク外せない若者 もはや「顔パンツ」

アルパーク西棟にフレスタ出店、22年春 最大規模で中核テナントに


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧