• トップ >
  • >
  • 島根原発再稼働、松江市議会判断は 特別委で賛否の陳情審議 採択内容、方向性に直結

トピックス

島根原発再稼働、松江市議会判断は 特別委で賛否の陳情審議 採択内容、方向性に直結

2021/12/10 11:11

 中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町)を巡り、松江市議会の島根原子力発電対策特別委員会(9人)は早期の再稼働を求める陳情8件を審議中で、8日には反対の陳情21件も付託された。賛成の陳情を採択すれば事実上、再稼働容認へと踏み出す。中電や国が市に事前了解を求め、地元同意手続きが始まって約3カ月。開会中の定例会で判断を示すかが注目される。

【関連記事】島根原発防災訓練を視察 松江市長「今後の判断につなげる」

 賛成する陳情はいずれも、再稼働に向けた国の審査に正式合格した9月15日の当日、提出された。松江商工会議所など地元経済界が「安定・安価な電力供給」「カーボンニュートラルの実現」などを理由に早期の再稼働を要望した。

 ▽反対の陳情は米子市や鳥取市からも…
(ここまで 327文字/記事全文 1124文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事