トピックス

山口県副知事23日にも書類送検 衆院選巡り後援会勧誘の疑い

2021/12/22 12:59

山口県庁

 10月の衆院選山口3区に立候補した自民党の林芳正外相の後援会に入会するよう部下を通じて職員らを勧誘したとして、小松一彦副知事(65)を公選法違反(公務員の地位利用)の疑いで、山口県警が23日にも書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。⇨【関係者証言】山口県幹部による政治家後援会への勧誘、常態化か

【地図で見る】衆院選前の河村氏と林氏の勢力図

 公選法では公務員の地位を利用した選挙運動を禁止。後援会への勧誘も禁止行為としている。小松氏は中国新聞の取材に山口県警と山口地検から任意の事情聴取を受けていることを認めており、22日の取材には「捜査の途中なので申し上げるべきではない。司法の判断が出た段階で(進退を含め)対応を考えたい」と述べた。

【関連記事】

知事「県民におわび」 後援会勧誘疑惑で職員聴取

林芳正外相「お答えは差し控える」 自身の後援会巡る県・市幹部職員の任意聴取受け

安倍氏vs林氏の緊張感 山口県の衆院選小選挙区1減の可能性


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧