地域ニュース

向洋駅、変わる春 広島・府中、JR高架化/区画整理

2022/1/9 22:52
立体交差事業と区画整理事業が進む向洋駅の一帯。線路の北側(右側)では仮の線路や仮駅舎の建設が進む

立体交差事業と区画整理事業が進む向洋駅の一帯。線路の北側(右側)では仮の線路や仮駅舎の建設が進む

 広島県府中町の南端に位置するJR向洋駅。広島都市圏東部のJR線を高架化する連続立体交差事業の工事が進み、今春には仮の駅舎や渡線橋の利用が始まる。駅周辺では、立体交差事業に合わせて区画整理事業も動いている。両事業とも都市計画決定から20年余り。駅一帯の景色が大きく変わろうとしている。

【広島再開発マップはこちら】

 ▽住宅も道も一新
(ここまで 165文字/記事全文 1776文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 事業着手前の向洋駅と周辺(1999年8月)
  • 連続立体交差事業の完成イメージ図(向洋―海田市間)
  • 自宅3階のベランダから工事現場にカメラを向ける中田さん
  • 地域の夜回りで子どもたちと一緒に拍子木を打つ根木さん(右端)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧