• トップ >
  • >
  • 大学入学共通テスト、まん延防止適用の広島・山口でも始まる【動画】

トピックス

大学入学共通テスト、まん延防止適用の広島・山口でも始まる【動画】

2022/1/15 9:32

試験会場に入る受験生(15日午前8時3分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)

 大学入学共通テストが15日、全国の会場で始まった。新型コロナウイルスの感染が猛威を振るい、広島、山口両県に「まん延防止等重点措置」が適用される中での実施となった。試験は2日間にわたり、全国で53万367人が挑む。

→【2022年大学入学共通テスト問題と解答】はこちら

 中国地方では、54会場に3万1325人が出願した。広島市安佐南区の広島市立大では、マスク姿の受験生が朝から続々と集まり、手指の消毒をして入室。最初の教科である地理歴史・公民の試験に挑んだ。
(ここまで 222文字/記事全文 717文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 試験会場に入る受験生(15日午前7時52分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)
  • 関係者の見送りがないまま試験会場に入る受験生(15日午前7時59分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)
  • 関係者の見送りがないまま試験会場に向かう受験生(15日午前8時2分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)
  • 試験会場に入る受験生(15日午前8時41分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)
  • 問題用紙を配られる受験生(15日午前9時16分、安佐南区の市立大、撮影・田中慎二)
  • 問題冊子の配布を待つ受験生たち=広島市安佐南区の広島経済大(撮影・大川万優)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事