地域ニュース

笠岡・神島沖の五重塔、30年ぶりに点灯 住民ら改修「観光スポットに」

2022/1/15 9:59
ライトアップされた五重塔。海面に光の帯が伸びる

ライトアップされた五重塔。海面に光の帯が伸びる

 笠岡市本土と神島の間にある神島水道の小島に立つ五重塔のライトアップが約30年ぶりに復活し、周囲を照らしている。江戸時代前期に建立された後、倒壊を繰り返しながらも地元住民に再建されてきた仏塔。器材の改修に当たった住民たちは、安全航行の道しるべになるとともに、観光スポットとしても注目されるよう願っている。
(ここまで 152文字/記事全文 761文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 神島水道の小島に立つ五重塔。奥左は笠岡市立カブトガニ博物館
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧