トピックス

【生活情報】8月27日

2014/8/28 0:00

 <水道>

 広島市安佐南区緑井8丁目と八木3丁目の一部計217世帯、西区己斐上2丁目の一部2世帯で断水。市水道局は午前6時〜午後10時、上緑井幼稚園(緑井8丁目)に給水車を派遣。被災した安佐南区内の高台6カ所に臨時の給水栓を設置(緑井8―28―2付近、緑井8―32―17の椋木神社、緑井8―33付近、緑井8―19付近、八木3―28―27付近の東照寺、八木3―26の光広神社)。飲み水や生活用水として自由に使える。

 <バス>

 JR可部線の可部―緑井間で路線バスによる代行輸送。

 広島交通が八木、緑井地区の住民専用に中緑井―八木旧道―安佐市民病院間で無料シャトルバスを運行。Tel082(238)7755。

 <被災者支援総合窓口>

 広島市安佐南区、安佐北区の各区役所の区政調整課に「ワンストップ」の相談窓口を設置。各種支援制度の紹介や、申請の受け付けをする。安佐南区区政調整課Tel082(831)4925。安佐北区区政調整課Tel082(819)3903。

 <一時預かり>

 広島市は乳幼児を無料で一時預かり。対象0〜5歳児で、午前8時半〜午後5時。1日計30人程度。月〜土曜日は安佐南区の中筋、安東、祇園。安佐北区の真亀、深川、城。各5人程度。日曜日は祇園のみで、30人程度を受け入れる。前日に、市保育企画課へ電話予約。定員に空きがあれば、当日でも可。Tel082(504)2153。当面は約2週間の予定。

 <建築相談>

 広島市などが、安佐南、安佐北両区役所に建築士による相談窓口を開設。修理などの技術相談に無料で応じる。午前9時〜午後5時、広島県建築士会などの協力団体の建築士が対応する。必要があれば、現地調査に出向く。

 窓口の開設期間は約1カ月間。要望をみて延長を検討する。電話で事前予約した人優先。安佐南区建築課Tel082(831)4952、安佐北区建築課Tel082(819)3938。避難先での相談を望む人向けに、市内の残り6区役所の建築課や市建築指導課、広島県建築課でも、担当職員が相談に乗る。

 <土砂・被災ごみの回収>

 土砂は家の前の道に積んでおけば、広島市の委託業者が引き取る。水に漬かった畳や家電製品などの被災ごみは、市の環境事業所に回収を電話で依頼すれば、無料で回収。安佐南環境事業所Tel082(848)3320。安佐北環境事業所Tel082(814)7884。

 <ビニールシートの貸与>

 広島市内の各消防署は建物の浸水対策に必要なビニールシート(縦3・6メートル、横5・4メートル)を貸し出す。安佐南消防署Tel082(877)4101、安佐北消防署Tel082(814)4795。

 <家の消毒>

 広島市が、自宅が床上浸水した人向けに、消毒作業の支援。職員が現地を訪ね、消毒液を配布。無料。希望者は、市保健医療課に電話で申し込む。消毒液を薄めるため、各自バケツを用意しておく必要がある。同課Tel082(504)2622。

 <ボランティアの受け付け>

 広島市社会福祉協議会は安佐南区と安佐北区に災害ボランティアセンターを設置。被災者の支援依頼を受け、ボランティアを派遣する。市社協はフェイスブックに「広島市災害ボランティア本部」の名称で専用ページを開設。市社協のホームページ(HP)と同様に、活動や募集の状況を随時、発信する。

 安佐南区地域福祉センター5階(中須1―38―13)。依頼Tel080(2931)3642。参加Tel080(2931)3142、080(2931)3242、080(2932)8242、080(2932)8342▽安佐北区地域福祉センター1階(可部3―19―22)。依頼Tel080(2931)4542。参加Tel080(2931)4242。いずれも受け付けは午前9時〜午後5時。

 <金融機関>

 広島銀行やもみじ銀行、広島信用金庫、広島市信用組合(いずれも広島市中区)は被災した個人と事業者に低利で融資する。被災者が通帳や届け出印をなくした場合でも本人確認できれば預金を払い戻す。

 <行方不明者相談ダイヤル>

 広島県警は、行方不明者の安否などを知っている人からの情報を求める。問い合わせも可能。Tel082(223)3777。24時間。

 <税金関係>

 広島県は、車を失ったり故障したりした個人や事業所が新たに車を購入する場合、自動車取得税を全額免除。被災に関する地方税の支払い猶予や減免、申告の延長などの相談に応じる窓口を安佐南、安佐北両区役所に設置。午前8時半〜午後5時。土日曜も受け付ける。税務課Tel082(513)2328。

 <住まい提供>

 広島市中区の章栄不動産は被災者に3カ月間、無償で住まいを提供。申し込みは29日まで。午前10時〜午後5時に電話で受け付ける。29日に安佐南区内で説明会。その場でも申し込める。Tel082(545)8888。

 <弁護士相談>

 広島弁護士会が、住宅や保険など被災に関する暮らしの問題について電話で無料相談に応じる。面接による相談も受け付ける。

 電話相談は、専用回線Tel082(502)0026を開設。弁護士2人が、土日祝日も含め、正午から午後8時まで対応する。当面1カ月間を予定し、必要に応じて延長する。 面談の希望者は紙屋町法律相談センターTel082(225)1600に電話し、日程を調整する。相談は無料で、40分を想定している。

 <保険>

 日本損害保険協会は、火災保険や自動車保険など各種損害保険の相談に応じている。午前9時15分〜午後5時。土日曜と祝日を除く。そんぽADRセンターTel(0570)022808

 生命保険に関する一般的な相談は生命保険協会の生命保険相談所Tel03(3286)2648。契約する生命保険会社が不明の場合は、災害地域生保契約照会センター、フリーダイヤル(0120)001731。ともに月〜金曜の午前9時〜午後5時。

    ◇

 掲載した情報は事情により変更されることもあります。電話番号がある場合は電話で確認してください。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島土砂災害の最新記事
一覧

  • 3市6小学校区の基礎調査公表 土砂災害防止法で広島県 (6/30)

     広島県は土砂災害防止法に基づき、広島、尾道、三次の3市の計6小学校区での基礎調査の結果をまとめた。 西区山田▽安佐北区久地▽佐伯区湯来西▽尾道市旧田熊▽三次市甲奴、小童―の各小学校区。崖崩れと土石流...

  • ひょっとこ踊り、地域に元気 八木の60〜80代 (6/21)

     2014年の広島土砂災害の被災地、広島市安佐南区八木地区で、地域に笑いを届けようと活動するグループがある。60〜80代でつくる「八木ひょっとこ踊り同好会」。昨年2月に結成し、近頃は地域外にも出向いて...

  • 土石流センサー改良し運用再開 安佐南区 (6/9)

     国土交通省太田川河川事務所は8日、5月に3度の誤作動を起こした広島市安佐南区八木町の土石流警報装置(ワイヤセンサー)の改良作業を終え、運用を再開した。通信線の1カ所に小動物がかんだとみられる傷が確認...

  • 土砂災害に備え避難訓練 緑井の自治会、経路確認 (6/4)

     2014年の広島土砂災害で11人が亡くなった広島市安佐南区緑井7丁目の八敷地区で3日、避難訓練があった。地元住民でつくる自治会「八敷福祉会」の主催。参加者約150人が避難所までの経路を確認した。 午...

  • 防災と復興、思い一つに 広島市安佐南区で集い (5/31)

     広島県と広島市は30日、土砂災害防止県民の集いを広島市安佐南区の区民文化センターで開いた。2014年8月の広島土砂災害の被災地で災害に強いまちづくりに取り組む住民組織の活動発表などがあり、市民たち約...