トピックス

  • 発熱で「休め」と言われても 新型肺炎、非正規労働の減収の不安 (2/26)

     「生活を考えると安易に休めない」―。新型コロナウイルスによる肺炎=COVID(コビッド)19=の拡大を防ぐため、発熱した場合などに仕事を休むよう国が促す中、広島県内の非正規労働者からも不安の声が上が...

  • 【ここに注意!新型肺炎】濃厚接触、2メートルが目安 (2/26)

     広島県内でも確認された新型コロナウイルスの感染患者との「濃厚接触」。どんな状態を指すのだろう。体の接触だけでなく、患者と近い距離で向き合い、マスクをせずに会話する状態も意味する。

  • 感染予防のデマ拡散、専門家が警鐘 新型肺炎、湯やしょうが (2/26)

     新型コロナウイルスに関して、デマを含んだ情報が無料通信アプリLINE(ライン)やメールで出回っている。「しょうがスープを飲めば、ワクチン接種は不要」などと科学的でない予防策を紹介し、拡散を促している...

  • 被服支廠「当事者に」 広島知事、代表質問で国・市向け主張 (2/25)

     広島県議会は25日、2020年度当初予算案などについて湯崎英彦知事の姿勢を問う代表質問を始めた。湯崎知事は、被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」(広島市南区)で今後進める活用策の検討は、国と広島市...

  • 原爆症、原告3人敗訴 認定要件で最高裁が統一判断 (2/25)

     広島、長崎で被爆した3人がそれぞれ原爆症に認定するよう国に求めた3件の訴訟の上告審判決が25日、最高裁第3小法廷であった。宇賀克也裁判長は白内障や慢性甲状腺炎の経過観察について、原爆症認定の要件であ...

  • 敗訴「心折れた」 原爆症訴訟、広島・内藤さん涙 (2/25)

     「心が折れた」。原爆症認定を巡る訴訟で敗訴が確定した広島市安佐南区の内藤淑子さん(75)は声を震わせた。25日の最高裁判決は内藤さんたち原告3人の病気の経過観察について、認定要件である要医療性を認め...

  • 中電、岩国発電所を6月廃止 (2/25)

     中国電力は25日、石油火力の岩国発電所(岩国市)を6月に廃止すると発表した。出力35万キロワットの2号機と50万キロワットの3号機がある。電力需要が減少傾向にある中、主力の石炭火力に比べて発電コスト...

  • クルーズ船下船、山口県内に2人 島根県内は4人 (2/25)

     クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での新型コロナウイルスによる集団感染を巡り、島根県と山口県は25日、陰性で下船した乗客の中に、県内在住者がそれぞれ4人、2人いると明らかにした。保健所を通じ健康...

  • 広島県主催イベント、開催是非の方針26日に策定 (2/25)

     広島県は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた特別警戒本部の本部員会議を県庁で開き、県が主催するイベントについて開催の是非を判断する方針をまとめる。感染症の専門家たち外部有識者の意見を反映させ...

  • 濃厚接触者、2人増え計7人に (2/25)

     新型コロナウイルスに感染した千葉県在住の40代男性会社員が出張のため広島市を訪れていた問題で、市は25日、確認した濃厚接触者が2人増え計7人となったことを明らかにした。