「原爆の日」特集

2014ヒロシマ

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...

  • 長崎原爆の日、折り鶴に祈り 山口で追悼やデモ (8/10)

     山口市内の元教員たちでつくる「山口折鶴の会」(安常久巳会長)が長崎原爆の日の9日、山口市役所前で平和祈念式を開いた。 約40人が参加し、核兵器全面禁止をアピールする市長宛ての要望書を市職員に手渡した...

  • 長崎平和宣言 (8/9)

     69年前のこの時刻、この丘から見上げる空は真っ黒な原子雲で覆われていました。米軍機から投下された一発の原子爆弾により、家々は吹き飛び、炎に包まれ、黒焦げの死体が散乱する中を多くの市民が逃げまどいまし...

  • Nagasaki Peace Declaration (8/9)

    At this precise moment, 69 years ago, the sky over this hill was covered with a pitch black nuclear ...

  • 小頭症患者の歌を熱唱 広島・東区 (8/9)

     広島市東区の原爆小頭症患者、川下ヒロエさん(68)が母を思いながら書いた詩に、シンガー・ソングライターの智(とも)さん(安佐北区)が曲を付けた歌「母こぐさの花」が8日、南区であった市民団体の催しで披...

  • 「黒い雨」調査結果提出 広島・安佐南、市に拡大要請 (8/9)

     原爆投下後に降った「黒い雨」を今の広島市安佐南区で浴びた住民たちでつくる「上安・相田地区黒い雨の会」が8日、会員の健康状態の悪化を示す独自の健康調査の結果を市へ提出した。来年の被爆70年までに同地区...