「原爆の日」特集

2015ヒロシマ

  • 基町高生の原爆の絵展示 中区 (8/16)

     被爆者の体験を聴いて基町高(広島市中区)の生徒が描いた原爆の絵の展示会が15日、中区袋町の合人社ウェンディひと・まちプラザで始まった。16日まで。無料。 2007年度から毎年、広島平和文化センターの...

  • 戦禍前、和やか元安川 広島県産業奨励館などの写真を愛好家の遺族が保管 (8/14)

     1937年に広島県産業奨励館(現原爆ドーム、広島市中区)を元安川から写した、地元の写真愛好家土井霞(かすみ)さん(83年に66歳で死去)のネガフィルムを遺族が保管していた。戦禍が市民を脅かす前の和や...

  • 「平和への行動」宣言 青少年国際会議が閉幕 (8/14)

     国内外の若者が核兵器廃絶などについて議論する「青少年国際平和未来会議ヒロシマ」の閉会式が13日、広島市中区の広島国際会議場であり、平和への行動を誓う宣言を発表した。 会議は4日に始まり、広島市や姉妹...

  • 米で被爆証言、心に訴え 笹森さん来日し伝承者らと交流 (8/14)

     広島で被爆し、米国で暮らす笹森恵子(しげこ)さん(83)が13日、広島市中区で、被爆者や市の被爆体験伝承者たち約20人と交流した。日ごろの活動ぶりを伝え、記憶の継承の大切さを確かめ合った。 笹森さん...

  • 児童が一筆、平和の願い 広島でメッセージ展 (8/14)

     小学生の平和メッセージを展示するイベントが13日、広島市南区の福屋広島駅前店で始まった。中国新聞社の被爆70年プロジェクト「ピース・アクト・ヒロシマ」の一環。18日まで。 同市の江波、中島、緑井、鈴...

  • サンフレ2選手、折り鶴ささげる 原爆の子の像 (8/12)

     サッカーJ1サンフレッチェ広島の森崎和幸(34)、千葉和彦(30)両選手が11日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆の子の像に折り鶴500羽をささげた。11月に市内である「ひろしま国際平和マラソン...

  • 殿堂に響く平和の調べ 広響、サントリーホールで初公演 (8/12)

     クラシック音楽の殿堂、サントリーホール(東京都港区)に11日、広島交響楽団の演奏が初めて響いた。世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチを迎えたコンサート。被爆70年の夏に平和のメッセージを力強く発信...

  • 祈念館で証言ビデオ収録 在ブラジルの盆子原さん (8/12)

     広島市で被爆後、ブラジルへ移住した盆子原国彦さん(75)=サンパウロ市=が11日、中区の国立広島原爆死没者追悼平和祈念館で証言ビデオ収録に応じ、平和への思いを語った。 盆子原さんは5歳の時、舟入川口...

  • 被爆者の衣服写真を資料館に寄贈 仏のアギレラさん「平和に貢献できれば」 (8/11)

     フランス・パリ市郊外の写真家ミッシェル・アギレラさん(54)が10日、広島市中区の原爆資料館で、同館が収蔵する被爆者の衣服を撮影したプリント30枚を寄贈した。「原爆の悲惨さを伝えるのに役立てばうれし...

  • 「世界一大きな絵」未来へ 被爆70年、中区で披露 (8/11)

     国内外の子どもたちが平和を願って描き、つなぎ合わせた絵を披露するイベント「世界一大きな絵 広島被爆70周年」が10日、広島市中区であった。約300人が参加した。 ▽布など100枚つなぐ、国内外の子ど...