地方経済

お好み焼き店を地域拠点に 広島でシンポ、子ども食堂の役割提案

2020/2/19
子ども食堂向けに考案したメニューの試食会

子ども食堂向けに考案したメニューの試食会

 広島県に約1600店あるお好み焼き店が、地域交流の拠点として子ども食堂の役割を担うことを提案するシンポジウムが19日、広島市中区のホテルであった。一般財団法人お好み焼アカデミー(広島市西区)が開き、約800人が参加した。
(ここまで 111文字/記事全文 428文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧