マツダ100年 車づくりと地域

【マツダ100年】インタビュー米国戦略<下>生産 相原真志執行役員

特集・関連記事2020/3/3 22:57
「地域に根差し、この地で長く操業し続ける」と意気込む相原氏

「地域に根差し、この地で長く操業し続ける」と意気込む相原氏

 マツダは来年、トヨタ自動車と共同の新工場を米アラバマ州で稼働させ、北米専用の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)を造り始める。米国生産は2012年に撤退して以来の再挑戦。工場を運営する共同出資会社マツダトヨタマニュファクチャリングUSAの社長を務めるマツダの相原真志執行役員(58)は「苦い思い出も教訓に地域に根差した工場を目指す」と力を込める。(井上龍太郎)
(ここまで 181文字/記事全文 1278文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

特集・関連記事の最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事