マツダ100年 車づくりと地域

マツダ車総選挙 1位はロードスター 中国新聞デジタル、歴代モデルを人気投票

特集・関連記事2020/3/18 14:54

 中国新聞は、マツダの創立100年に合わせてホームページ「中国新聞デジタル」でマツダ車の人気投票「歴代モデル総選挙」を実施した。1位に輝いたのは小型オープンスポーツカーのロードスター。上位にはマツダの象徴であるロータリーエンジン(RE)搭載のスポーツカーが並んだ。投票と共に、各モデルへの思いをつづったコメントも多数寄せられた。マツダで魅力発信を担う山本修弘ロードスターアンバサダー(65)の談話とともに紹介する。(山瀬隆弘、井上龍太郎)

 昨年12月下旬からことし2月末まで投票を受け付け、47都道府県から1510票が集まった。トップのロードスターは287票を獲得。昨年発売から30周年を迎え、10月に三次市であった記念イベントには全国から2100台が集まった。世界中に愛好家グループがある「愛される車」が得票にも反映された。

 2位は、世界で初めてロータリーエンジン(RE)を積んだコスモスポーツで235票。「ロータリー四十七士」と呼ばれた47人の若手技術者たちのエンジン開発ストーリーを思い浮かべる人も多いだろう。

 3位もRE車のRX―7だった。78年にリトラクタブル(格納型)ライトを備えた斬新なスタイルで登場。マツダのスポーツカーと言えば「セブン」を挙げる人はいまだ多いようだ。

 4位は80年発売の「ファミリア」。上位にスポーツカーがずらりと並ぶ中、ファミリーカーの存在をアピールした。「子供のころ家族の車だった」という投票も多かった。5位は70年代に自動車レースで活躍したサバンナ。トップ5には懐かしい名前が並んだ。

 今世紀の車の最上位は6位のRX―8。生産終了から8年近くたつが、今でも大切に走らせている人が多い。マツダが近年力を入れるスポーツタイプ多目的車(SUV)ではCX―5が7位に入った。12年に発売され、今のマツダを代表する1台に成長した。

 【マツダ車総選挙】上位のモデルとファンのコメント


 【マツダ車総選挙】山本修弘ロードスターアンバサダーに聞く

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

特集・関連記事の最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事