地方経済

マツダ、本業で47%減益 20年3月期決算、販売減に円高・コロナ

2020/5/14

 マツダは14日、2020年3月期連結決算を発表した。本業のもうけを示す営業利益は436億300万円と前期比47・0%減り、2年連続の減益。販売台数の減少に円高が直撃し、新型コロナウイルスの感染拡大も響いた。21年3月期の業績予想は新型コロナの影響を算定するのが困難として未定とした。

 繰り延べ税金資産を大きく取り崩し、純利益は121億3100万円で80・8%減。2年連続のマイナスだった。売上高は3兆4302億8500万円と3・8%減り、3年ぶりの減収だった。

 営業利益はユーロなどに対する円高など為替の要因で683億円押し下げられた。2車種の新型車を発売したが、世界販売は9・1%減の約142万台と当初の目標を約20万台下回った。1台当たりの収益は上向いたものの、補えなかった。通期の生産と販売台数の予想も公表を見送った。

 20年1〜3月期連結は純損益が203億円の赤字。前年同期は278億円の黒字だった。四半期の最終赤字は、深刻な円高だった12年4〜6月期以来となる。(井上龍太郎) 

関連記事「マツダ、6月の生産調整示唆 在庫解消が回復の鍵」

関連記事「マツダ、数千億円規模の融資要請検討 新型コロナの影響に備え」

関連記事「中小「非正規」しわ寄せ マツダ生産調整で派遣切り」

関連記事「マツダ5年ぶり150万台割れ 19年度世界販売、9.1%減」

関連記事「リョービ大幅減収減益 1―3月期、通期予想は取り下げ」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • マツダ、本業で47%減益 20年3月期決算、販売減に円高・コロナ (5/14)

     マツダは14日、2020年3月期連結決算を発表した。本業のもうけを示す営業利益は436億300万円と前期比47・0%減り、2年連続の減益。販売台数の減少に円高が直撃し、新型コロナウイルスの感染拡大も...

  • マツダ、6月の生産調整示唆 在庫解消が回復の鍵 (5/14)

     新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちとなり、2020年3月期業績が大幅に悪化したマツダ。14日、電話による記者会見で役員は今後の展開が見通せない状況を強調。生産調整が6月も続く可能性を示唆した。影...

  • 【解説】成長シナリオ再構築を マツダ決算 (5/14)

     8年続いた営業黒字の中で最低の水準だったマツダの2020年3月期連結決算。円高に加え、値引きの抑制や高価格帯など新しい売り方の不振が響いた。

  • リョービ大幅減収減益 1―3月期、通期予想は取り下げ (5/14)

     ダイカスト製品など製造のリョービ(府中市)が14日発表した2020年1〜3月期の連結業績は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで大幅な減収減益となった。収束の見通しが立たないとして、通期の業績予...

  • 広電新宮島口駅、22年春開業 経営計画に盛り込む (5/14)

     広島電鉄(広島市中区)は14日、新しい広電宮島口駅(廿日市市)を2022年4月に開業する方針を明らかにした。駅舎を海側へ約60メートル移す。線路の移設と合わせ、20年度中に着工する。この日発表した2...