地方経済

山口FG社長に椋梨氏 「地域課題解決へ団結」

2020/5/15
会見に臨む(左から)椋梨氏、吉村氏、久野氏

会見に臨む(左から)椋梨氏、吉村氏、久野氏

 山口フィナンシャルグループ(FG、下関市)は15日、吉村猛社長(60)が会長に就き、後任に椋梨敬介執行役員(50)が昇格する6月25日付のトップ人事を発表した。椋梨氏は、山口に根を張る金融機関のトップとして地域課題の解決に全力を挙げると強調した。

 山口銀本店(同市)でオンラインでの会見に臨んだ椋梨氏は「地域の発展なしに地域金融機関の存続はない。一致団結して課題解決に取り組みたい」と抱負を述べた。吉村氏は「(椋梨氏は)卓越した実行力と広い人脈を持つ。若く、信念を曲げないハートの熱さもリーダーとしてふさわしい」とエールを送った。

 副社長には山口銀行徳山支店の久野耕一郎支店長(59)が就く。この日はグループの運営体制の変更も発表。社外取締役を過半数として議論の多様化を図る。また専門分野ごとにユニット制を導入。本社内に地域課題の解決を進める「地域共創ユニット」と顧客にとって高付加価値で便利な金融モデルを追求する「金融ユニット」の担当を置く。(中川晃平)

 椋梨 敬介氏(むくなし・けいすけ)早稲田大大学院修了。95年山口銀行入行。北九州銀行赤坂門支店長、山口銀小郡支店長などを経て、19年6月から山口フィナンシャルグループ執行役員。子会社のYMFG ZONEプラニングとYMキャリアの社長も務める。下関市出身。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 山口FG社長に椋梨氏 「地域課題解決へ団結」 (5/15)

     山口フィナンシャルグループ(FG、下関市)は15日、吉村猛社長(60)が会長に就き、後任に椋梨敬介執行役員(50)が昇格する6月25日付のトップ人事を発表した。椋梨氏は、山口に根を張る金融機関のトッ...

  • 百貨店相次ぎ再開決定 広島三越や福屋、入店時に体温測定も (5/15)

     広島県が休業要請の多くを解除した15日、百貨店や商業施設は営業再開を相次ぎ決めた。週明けの18日から再開する店が目立つ。体温を測る機材を準備するなど、新型コロナウイルスの感染防止策も進めている。

  • 決算発表にもコロナ直撃 中国地方、会見中止や変更多数 (5/15)

     中国地方の上場51社のうち、15日までに2020年3月期決算を発表した企業は42社にとどまった。本来は同日までの開示が必要だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京証券取引所が延期を容認。異例の...

  • 「巣ごもり」需要増、バナナに品薄感 産地で移動制限 (5/15)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、広島県内でバナナに品薄感が出ている。外出の自粛で「巣ごもり」が広がり、安くて家で手軽に食べられる果物として消費が伸びたためだ。主要産地のフィリピンで人の移動が制限...

  • 2年連続減益 西京銀 (5/15)

     西京銀行(周南市)は15日、2020年3月期の連結決算を発表した。売上高に当たる経常収益は273億7700万円で7・2%減。保有株式の配当が減り、2年ぶりの減収となった。新型コロナウイルスの影響に備...