地方経済

決算発表にもコロナ直撃 中国地方、会見中止や変更多数

2020/5/15

 中国地方の上場51社のうち、15日までに2020年3月期決算を発表した企業は42社にとどまった。本来は同日までの開示が必要だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京証券取引所が延期を容認。異例の状況になった。51社が出そろうのは25日の見通し。
(ここまで 125文字/記事全文 475文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 山口FG社長に椋梨氏 「地域課題解決へ団結」 (5/15)

     山口フィナンシャルグループ(FG、下関市)は15日、吉村猛社長(60)が会長に就き、後任に椋梨敬介執行役員(50)が昇格する6月25日付のトップ人事を発表した。椋梨氏は、山口に根を張る金融機関のトッ...

  • 百貨店相次ぎ再開決定 広島三越や福屋、入店時に体温測定も (5/15)

     広島県が休業要請の多くを解除した15日、百貨店や商業施設は営業再開を相次ぎ決めた。週明けの18日から再開する店が目立つ。体温を測る機材を準備するなど、新型コロナウイルスの感染防止策も進めている。

  • 決算発表にもコロナ直撃 中国地方、会見中止や変更多数 (5/15)

     中国地方の上場51社のうち、15日までに2020年3月期決算を発表した企業は42社にとどまった。本来は同日までの開示が必要だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京証券取引所が延期を容認。異例の...

  • 「巣ごもり」需要増、バナナに品薄感 産地で移動制限 (5/15)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、広島県内でバナナに品薄感が出ている。外出の自粛で「巣ごもり」が広がり、安くて家で手軽に食べられる果物として消費が伸びたためだ。主要産地のフィリピンで人の移動が制限...

  • 2年連続減益 西京銀 (5/15)

     西京銀行(周南市)は15日、2020年3月期の連結決算を発表した。売上高に当たる経常収益は273億7700万円で7・2%減。保有株式の配当が減り、2年ぶりの減収となった。新型コロナウイルスの影響に備...