地方経済

マツダ国内販売50・2%減 5月の実績、過去50年の最少更新

2020/6/29

 マツダが29日発表した5月の生産販売実績は、国内販売が7044台と前年同月より50・2%減り、過去50年の最少記録を2カ月連続で更新した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需要が後退した。世界販売は8万5484台と29・2%減。中国と米国で持ち直し、下げ幅は縮小した。
(ここまで 136文字/記事全文 531文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • マツダ国内生産83%減 5月 (6/29)

     マツダが29日発表した5月の国内生産は1万3695台と前年同月より83・6%減った。新型コロナウイルスに伴う生産調整で一部の操業を休止。国内大手8社で最大の落ち込みとなった。

  • レジ袋、工夫や懸念 7月1日から有料化で地場小売店 (6/29)

     ▽素材変更で無料維持/会計時トラブル心配 中国地方の多くの小売店で、7月1日からレジ袋が有料になる。海洋汚染などの原因とされるプラスチックごみの削減に向け、国が原則有料化を義務付けるためだ。ただ、レ...

  • マツダ国内販売50・2%減 5月の実績、過去50年の最少更新 (6/29)

     マツダが29日発表した5月の生産販売実績は、国内販売が7044台と前年同月より50・2%減り、過去50年の最少記録を2カ月連続で更新した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需要が後退した。世界販売...

  • JA広島中央会、忠末会長を再任へ (6/29)

     JA広島中央会(広島市中区)が、30日の通常総会で今月末に任期を終える忠末宜伸会長(66)を再任する見通しであることが29日、分かった。前会長の異例の任期途中での退任を受けた就任から1年。県内JAの...

  • 解雇・雇い止め広島県内617人 19日時点、雇調金申請も急伸 (6/29)

     広島労働局の中山明広局長は29日の定例会見で、新型コロナウイルスの影響による広島県内の企業の解雇・雇い止めが19日時点で617人に上ると明らかにした。5月29日に比べ207人増えた。雇用調整助成金(...