地方経済

コメ作況、山口「不良」 長雨でウンカ被害広がる 広島は「やや不良」

2020/9/30 21:59
トビイロウンカの被害に見舞われ、一面が枯れた水田(9月15日、東広島市西条町)

トビイロウンカの被害に見舞われ、一面が枯れた水田(9月15日、東広島市西条町)

 農林水産省は30日、2020年産のコメの中国地方の作況指数(9月15日時点、平年作=100)が「やや不良」の97になるとの見通しを発表した。低温や日照不足が響いた前年実績と同じだが、全国の101を下回った。都道府県別は山口が「不良」に当たる83で最も低かった。7月の長雨で米粒の生育が妨げられた上、稲を枯らす害虫トビイロウンカの被害が広がった。
(ここまで 173文字/記事全文 541文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧