地方経済

【激変 地方銀行】<上>異例の持ち株会社化 銀行至上主義から脱却 証券など8社横並び

2020/10/12
傘下の企業から担当者が集まったひろぎんHDの会議。今後の連携策を練った

傘下の企業から担当者が集まったひろぎんHDの会議。今後の連携策を練った

 広島市南区のひろぎんホールディングス(HD)の会議室。7日、広島銀行(中区)に加え、証券やリースなど傘下の企業の約10人がテーブルを囲んだ。HD設立後初となるグループ営業戦略部の会議だ。HD営業戦略室の堀井利英室長は「地域総合サービスグループとして業務軸を拡大する。実行に移す段階に入った」との思いで臨んだ。各社の連携や新サービスを検討する議論は約3時間に及んだ。

 【動画】ひろぎんHD設立

 広島銀は1日、持ち株会社のひろぎんHDを設立した。傘下に同行をはじめ、子会社や関連会社だった証券、債権回収、投資専門会社、リースの計5社を横並びに置く。銀行中心の体制を改め、幅広いサービスを強化する狙いがある。
(ここまで 302文字/記事全文 1369文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧