地方経済

新型プレス機導入へ 三刀屋金属、形状複雑化に対応

2020/10/20
覚書に調印した左から丸山達也知事、角保社長、速水雄一雲南市長

覚書に調印した左から丸山達也知事、角保社長、速水雄一雲南市長

 マツダ車のボディー(車体)部品など製造の三刀屋金属(雲南市)は、自動車業界の軽量化ニーズに伴う素材のアルミ化や、形状の複雑化に対応するため、8億9800万円を投じて最新のプレス機などを導入する。19日、島根県、雲南市と増設の覚書を交わした。
(ここまで 121文字/記事全文 397文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧